応募規約

「恋とライフスタイルのハーモニー」キャンペーン応募規約

(株)EPEIOS JAPAN(以下、「主催者」といいます)が主催する「恋とライフスタイルのハーモニー」キャンペーン(以下、「本キャンペーン」といいます)にご応募、ご参加頂くには、「恋とライフスタイルのハーモニー」キャペーン応募規約(以下、「本規約」といいます)への同意が必要です。本キャンペーンへの応募を希望する方(以下、「応募者」といいます)は、ご応募頂いた時点で、本規約の全項目に同意したものと見なします。  本規約に違反する、またはその恐れのあるご応募に関し、EPEIOS運営事務局の判断によりその応募を無効とすることができるものとします。

  • 本規約で使用する文言について、次の通り定義します
  • 応募者・・・本キャンペーンに作品を応募する者のこと。複数名で応募する場合、応募者を含む参加者全員のこと。
  • 運営事務局・・・本キャンペーンの運営事務局のこと
  • 本サイト・・・運営事務局が運営する本キャンペーンの公式ウェブサイト(https://www.epeios.jp/)。

第1条:応募要領

● 応募資格

1.応募時点で応募者(代表者)が満20歳以上である方。

2.応募者は個人・法人・プロ・アマを問いません。

3.日本語でコミュニケーションをとることが可能な方。

4.自らの意思で正確な情報を提供、登録し、応募することが可能な方。

※応募者は、応募時の情報に変更が生じた場合、直ちに主催者へ最新の情報を連絡するものとします。

● 応募方法

1.応募期間
「2024年6月24日(土)00時00分より2024年7月28日(木)23時59分まで」とします。
※応募期間より前及び応募期間を過ぎてからのご応募は、審査の対象外となりますのでご注意ください。またキャンペーンの終了日に関しては、主催者の事情により、前倒しとなることがあります。その場合、本キャンペーンの終了日については、告知される新しい終了日とします。 

2. 応募の流れ
  (1)本サイトで商品を購入する。
  (2)弊社のLINEアカウントを追加する。
  (3)オーダー番号をLINEにて送信する。
  (4)CoCome プラス会員のギフトコードを受信する。

第2条:禁止事項

1.万一、応募者またはその関係者により次の事項が行われた場合、理由の如何を問わず本キャンペーンへのご応募自体を無効とさせて頂き、以降、応募資格を失うものとします。運営事務局で以下への該当が確認できた場合には、その応募に関し審査を行いません。

(1)本規約または法令に違反する、またはその恐れのある一切の行為
(2)他人名義によるなりすまし応募すること
(3)主催者または本キャンペーンの名誉を毀損すること
(4)応募者以外の第三者を差別、誹謗中傷、脅迫すること。またはそのプライバシーを侵害すること
(5)本キャンペーンの運営を妨げること
(6)公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為、迷惑行為
(7)政治活動、選挙活動、宗教活動等を行うこと
(8)本キャンペーン上で提供するサービスを不正目的で利用する行為
(9)商業用の広告、宣伝等営利目的と思われる内容が含まれるもの
(10)受賞者の権利を第三者へ譲渡、換金、転売等すること
(11)応募に際し虚偽内容の申告、届け出を行うこと
(12)その他主催者が不適当・不適切と判断した行為

第3条:受賞

1. 以下のとおり賞品を定めます。※本サイトでの購入のみ

  5,000円(税込)以上 の購入… 1ヶ月のCoCome プラスオプション会員のギフトコード
10,000円(税込)以上 の購入… 3ヶ月のCoCome プラスオプション会員のギフトコード
20,000円(税込)以上 の購入… 12ヶのCoCome プラスオプション会員のギフトコード

2.LINEにてオーダー番号を送付してから、48時間以内(土日祝日を除く)に弊社よりギフトコードを送信します。

3.受賞の権利は、複数回応募された場合でも、お一人様1回のみとします。

4.受賞の連絡後、本規約への違反または応募資格の対象外であることが判明した場合に受賞を取り消すことがございます。予めご了承ください。

第4条:反社会的勢力の排除

応募者は、自己、応募動画内の出演者が、現在かつ将来にわたり、以下第1項から第3項に定める反社会的勢力に該当しないこと、かつ、以下第4項から第9項に準ずる行為を行わないことを将来にわたって表明するものとします。

1.暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなってから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他これに準ずる者、並びに、これらが実質的に経営に関与している若しくはこれらに資金を提供する又は便宜を供与する等の協力関係を有する者(以下、「反社会的勢力」という。)であること、または反社会的勢力であったこと。

2.応募者または関係者が反社会的勢力であること、または反社会的勢力であったこと。

3.親会社、子会社(いずれも会社法の定義による)または契約の履行のために再委託する第三者が前二号のいずれかに該当すること。

4.主催者、運営事務局、審査員等キャンペーン関係者に対して脅迫的な言動をすること、もしくは暴力を用いること、または主催者、運営事務局、審査員等キャンペーン関係者の名誉・信用を毀損する行為を行うこと。

5.偽計または威力を用いて主催者、運営事務局、審査員等キャンペーン関係者の業務を妨害すること。

6.法的な責任を超えた不当要求をすること。

7.反社会的勢力である第三者をして前6号の行為を行わせること。

8.自らまたはその役員もしくは実質的に経営を支配する者が反社会的勢力への資金提供を行う等、その活動を助長する行為を行うこと。

9.親会社、子会社または契約等の履行のために再委託する第三者が前号のいずれかに該当する行為を行うこと。

第5条:応募者の責任及び損害賠償

1.応募者は、応募活動に伴うインターネット通信費・パケット通信費、施設利用費等を含む一切の費用を負担します。

2.応募者は、本規約違反等に起因して応募者以外の第三者との間で紛争等が生じた場合、自らの責任でこれを解決するものとし、主催者に対し一切の責任を問いません。主催者が紛争解決のために損害(弁護士費用その他の費用を含みますがこれに限りません)を被った場合、主催者は、応募者に対し、当該損害の賠償を請求し、応募者はこれを支払うものとします。

3.応募者は、本規約に違反し、主催者に対し損害を与えた場合、主催者に対し当該損害の賠償義務を負います。

第6条:免責事項

1.主催者は、応募者による行為によって生じた応募者自身または第三者の損害につき、主催者に故意または重過失がない限り、責任を負わないものとします。

2.主催者は、本サイトで提供する情報や、その他の関連事項について、その完全性、正確性、有用性等についていかなる保証もいたしません。

3.本キャンペーンに関して、応募者間または応募者と第三者との間のトラブルについて、主催者は、一切の責任を負わないものとします。

第7条:個人情報の取り扱い

1.応募者の個人情報は、【個人情報の取り扱いについて】及び主催者の定めるプライバシーポリシーに基づき取り扱います。
【個人情報の取り扱いについて】

(1)個人情報を取得する事業者株式会社EPEIOS JAPAN
(2)個人情報保護管理者
(3)個人情報の利用目的本キャンペーンにおいて取得した個人情報は、以下の各号に掲げる目的の範囲内でのみ利用します。

①本キャンペーンの実施
②応募者の個人認証
③本キャンペーンに関する情報の提供、連絡、通知
④賞品の送付
⑤応募者が希望した場合の主催者の他のサービスの利用
⑥お問い合わせ等に対する回答
⑦本規約違反の調査・確認
⑧本サイトまたはその他主催者が運営するサイト、主催者公式SNS等での受賞の掲載

2.第三者への提供 主催者は、原則として、本人の同意を得ずに個人情報を業務委託先以外の第三者へ提供しません。ただし、以下の各号に定める場合を除きます。

①法令に基づく場合
②公的機関又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得るこ とにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
③人の生命、身体または財産の保護のために必要があり、かつ本人の同意を得ることが困難である場合

3.個人情報の取り扱いの委託 主催者は、個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があります。この場合、主催者は、個人情報の取り扱いに関する契約を締結し、委託先に対する適切な監督を行います。

 4.取得する個人情報

(1)取得情報:氏名、住所、電話番号、メールアドレスその他本キャンペーンの実施にあたって必要となる情報
(2)取得方法:購入フォームへの記入、書類提出

第8条:本キャンペーンの中断・変更

1.主催者は、本キャンペーンの開催・継続が困難であると判断した場合、事前の予告なく本キャンペーンを中断または変更することがあります。

2.前項の措置により応募者に不利益が生じた場合でも、主催者は、応募者に対して何らの責任を負いません。

第9条:本規約の変更

主催者は、主催者の判断により本規約を変更することができます。本規約を変更する場合、本サイトへの掲示またはその他主催者が適当と認める方法により、変更内容、効力発生日等を通知するものとします。

第10条:準拠法・管轄

本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所といたします。